2021年08月18日

4月14日 伝えることは、恐ろしいことなのか...  (2018年4月14日)

伝えることは、恐ろしいことなのか。


時として、おぬしの中にある素直な思いを伝えることで、

人を傷つけ、決裂するときがあるかもしれない。


しかし、人はそれぞれの道を歩き、


それぞれの選択をしていく者なのだ。




流されて生きるのも、それも選択だろう。


ただ、流されることを心の底から求めていないのに、

流されることを受け止めるのは、おぬしの心の中とは違うのではないだろうか。


まずは、おぬしが何を成し得たいのか。


そして、未来をどう描いていきたいのか。




出会い、今おぬしを見てくれる者は、

全て過去の産物である。



しかし、おぬしの真のお主が見るビジョンは、未来の今である。


過去が作った今を生きるか。


未来の今を見て今を生きるか。


出来上がる未来は大きく異なるであろう。





今一度問う。


おぬしは、どちらを生きたいのだろうか・・・。

20180414.jpg
posted by 神開己佳 at 18:12
"4月14日 伝えることは、恐ろしいことなのか...  (2018年4月14日)"へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: